寺家写真回廊

アクセスカウンタ

zoom RSS Broussonetia kazinoki ヒメコウゾ(姫楮)

<<   作成日時 : 2018/05/20 12:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



画像



寺家ふるさと村ガイドツアーでヒメコウゾ(姫楮)を観察。画像は雄花序。



ヒメコウゾ

ヒメコウゾ(姫楮、学名:Broussonetia kazinoki )はクワ科コウゾ属の落葉低木。和紙の原料としても使われているコウゾ(楮、学名:B. kazinoki × B. papyrifera)は、本種とカジノキ(学名:B. papyrifera)の雑種である。

特徴
樹高は2-5mほどになる。枝はややつる性となるが、茎は直立する。葉は枝に互生し、長さ0.5-1cmほどの葉柄を持ち軟毛が生える。葉の形はゆがんだ卵形〜広卵形で、ときにクワの葉のように2-3片に深裂する。葉身の長さ4-10cm、幅2-5cm、基部はゆがんだ円形または鋭形で、先は尾状に長く尖る。葉の縁は鈍鋸歯があり、表面には短毛があり、裏面の葉脈には粗い毛がある。

花期は4-5月、雌雄同株で、新枝の下部の葉腋に雄花序、上部の葉腋に雌花序をつける。雄花序は径1cmほどの球状、雌花序は径4mmほどの球状で、雌花序には赤紫色の長さ5mmほどの糸状の花柱を多数つける。果期は7-8月で、径1.5cmほどの赤熟した球状の集合果をつける。

分布と生育環境
日本では、本州の岩手県以南、四国、九州(奄美大島まで)に、東アジアでは朝鮮半島、中国中南部に分布し、低山地の林縁に自生する。

ヒメコウゾ@Wikipedia より抜粋



関連

outdoor observation 三渓園「自然観察会」野外観察会 寺家ふるさと村 第二回
http://jikeshashinkairo.at.webry.info/201805/article_1.html

Plants at Jike Furusatomura 寺家ふるさと村ガイドツアーで出会った植物
http://jikeshashinkairo.at.webry.info/201805/article_2.html

ヒメコウゾ@Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A1%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%BE



Copyright(C) まさじ MASAJI 2003-2017

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Plants at Jike Furusatomura 寺家ふるさと村ガイドツアーで出会った植物
三渓園を離れて、寺家ふるさと村を訪れ、ウェルカムセンター講師のガイドによる自然観察を行なった。 ...続きを見る
寺家写真回廊
2018/05/20 12:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Broussonetia kazinoki ヒメコウゾ(姫楮) 寺家写真回廊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる