ふるさと村談義

遠くで談義している二人が見えた。一人は阿部ちゃんのようだ。最近会っていないので挨拶しようかと考えたが、三密(三蜜?)になり長談義になりそうなので望遠で撮影だけして、会うのは遠慮した。 2021年9月10日 横浜市青葉区
コメント:0

続きを読むread more

ミヤコタナゴ

寺家ふるさと村四季の家に棲んで(展示されて)いるミヤコタナゴ。 善福寺川や文京区にある小石川植物園の池など東京都に広く分布していたことが「ミヤコ」の和名由来といわれる。国の天然記念物。絶滅危惧IA類。 横浜市内では、昭和51年5月に都筑区勝田町の権太池で生息しているのが確認された。 2021年8月16日 横浜市青…
コメント:0

続きを読むread more

精霊馬

故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、精霊馬(しょうりょううま)を作る風習がある。 きゅうりは足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように。ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように。 2021年8月16日 横浜市青葉区 …
コメント:0

続きを読むread more

アマドコロの群生

葉の陰に隠れて花をつけるアマドコロ。 アマドコロの根茎部分が、ヤマノイモ科の「野老(トコロ)」に似ており、食べると甘みがあるので「甘野老(アマドコロ)」と名付けられた。 2021年4月26日 横浜市青葉区
コメント:0

続きを読むread more

赤い木の実

寺家ふるさとの森で赤い実がなる木の名前を尋ねられた。 「グミの一種だと思いますが、調べて見ます。」 と応えたが同定できない。 2021年4月22日 横浜市青葉区
コメント:0

続きを読むread more

続 藤か山藤か

藤か山藤かを同定する方法として蔓の巻き方を調べると判るため望遠レンズを持参して撮影した。蔓は上から見ると左回りで山藤と同定。 2021年4月22日 横浜市青葉区 青木繁伸さんのBotanical Garden http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/Botani…
コメント:0

続きを読むread more