mini album 高橋長三郎さんのミニアルバム

高橋長三郎さんから手紙が届いた。あけると小冊子が入っていた。 長三郎さんが描いた野の花・山の花のスケッチの数々からその一部をまとめたミニアルバムだ。 野の花、山の花といっしょに   絵と文 高橋 長三郎 90歳を超えていらっしゃる長三郎さんの傑作集である。 いずれ、全てのページをディジタル画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cayratia japonica ヤブガラシ(藪枯らし)

寺家ふるさと村ガイドツアーでヤブガラシを観察。和名の漢字は「藪辛子」ではなく「藪枯らし」。 ヤブガラシ ヤブガラシ(藪枯らし、Cayratia japonica)は、ブドウ科ヤブガラシ属の一種である。つる植物で、日本ではよく見かける雑草である。 和名は藪を覆って枯らし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Rhaphiolepis indica var. umbellata シャリンバイ(車輪梅)

寺家ふるさと村ガイドツアーでシャリンバイ(車輪梅)を観察。 シャリンバイ シャリンバイ(車輪梅、学名:Rhaphiolepis indica var. umbellata、 シノニム:R. umbellata)は、バラ科シャリンバイ属の常緑低木。日本(東北地方南部以南)、韓国、台湾までの海岸近くに分布…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Picris hieracioides L. subsp. コウゾリナ(剃刀菜・顔剃菜)

寺家ふるさと村ガイドツアーでコウゾリナ(剃刀菜・顔剃菜)を観察。 北海道〜九州の山野の草地や道端などにごくふつうに生える越年草。 コウゾリナ属 コウゾリナ属(こうぞりなぞく、学名:Picris)はキク科の属。 特徴 越年草。茎は直立して枝分か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Japanese rose ノイバラ(野茨)

寺家ふるさと村ガイドツアーでノイバラ(野茨)を観察。日本のノバラの代表的な種。 ノイバラ ノイバラ(野茨、学名:Rosa multiflora)は、バラ科の落葉性のつる性低木。日本のノバラの代表的な種。沖縄以外の日本各地の山野に多く自生する。ノバラ(野薔薇)ともいう。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Rubia argyi アカネ(茜)

寺家ふるさと村ガイドツアーでアカネ(茜)を観察。葉は茎に4枚輪生する。 アカネ アカネ(茜、Rubia argyi)はアカネ科のつる性多年生植物。分布は中国、朝鮮半島、台湾、日本。日本では本州、四国、九州に分布し、山地や野原、路傍、林の縁などでふつうによく見かけることができる[1]。和名の由来…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Sanicula chinen ウマノミツバ(馬之三葉)

寺家ふるさと村ガイドツアーでウマノミツバ(馬之三葉)を観察。 ウマノミツバ ウマノミツバ(馬之三葉、学名:Sanicula chinensis)はセリ科ウマノミツバ属の多年草。別名、ヤマミツバ。 特徴 茎は直立し、よく枝分かれし、高さは30-120cmになる。葉は根出葉、枝葉ともに3全…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Hosta sieboldiana オオバギボウシ(大葉擬宝珠)

寺家ふるさと村ガイドツアーでオオバギボウシ(大葉擬宝珠)を観察。ふるさと村の草本で葉が一番大きい。 オオバギボウシ オオバギボウシ(大葉擬宝珠、学名:Hosta sieboldiana)はリュウゼツラン亜科ギボウシ属の多年草。別名は多く、トウギボウシ[1][2]、ハヤザキオオバギボウシ[2]、ウノハナギボ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Eleutherococcus spinosus var. japonicus オカウコギ

寺家ふるさと村ガイドツアーでオカウコギを観察。ウコギの和名漢字は五加木。 ウコギ属 ウコギ属はウコギ科の属のひとつ。 特徴 落葉高木または低木で、葉は互生し、普通5枚ときに3枚の小葉からなる掌状複葉で、小葉の縁には鋸歯がある。多くは雌雄異株で、東アジアに約40種知られる。 ウコギ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more