テーマ:植物

彼岸花

今年も秋の彼岸の頃に、寺家ふるさと村の道端や水田のあぜなどに群生し、赤と白い花を咲かせた彼岸花。 2021年9月17日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニラ通り

寺家ふるさと村居谷戸地区のニラ通りを歩きながら考えた。 「久しぶりにニラレバ炒めが食べたい!」 2021年9月17日 横浜市青葉区寺家町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヌスビトハギ(盗人萩)かフジカンゾウ(藤甘草)か

ヌスビトハギ(盗人萩)の名前の由来は果実が盗人の足跡に似ていることから。フジカンゾウ(藤甘草)はヌスビトハギに似ているので、両者を同定するのが難しいが、豆果が大きいのでフジカンゾウ(藤甘草)のようだ。 2021年9月10日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茎か根っこか

寺家ふるさとの森の道路脇にはみ出した草の茎か根っこ 2021年9月10日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

マムシグサ

寺家ふるさとの森にマムシ(関東マムシ草)が出る季節になった。 2021年4月26日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマドコロの群生

葉の陰に隠れて花をつけるアマドコロ。 アマドコロの根茎部分が、ヤマノイモ科の「野老(トコロ)」に似ており、食べると甘みがあるので「甘野老(アマドコロ)」と名付けられた。 2021年4月26日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い木の実

寺家ふるさとの森で赤い実がなる木の名前を尋ねられた。 「グミの一種だと思いますが、調べて見ます。」 と応えたが同定できない。 2021年4月22日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマノカンアオイ(多摩の寒葵)

タマノカンアオイ(多摩の寒葵)は横浜市では北部に分布が限られ、多摩丘陵の南部の青葉区・都筑区に分布し、寺家ふるさとの森は宝庫。 2021年4月16日 横浜市青葉区 関連 寺家ふるさとの森散策 2021年4月16日 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/202104/a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胴長ホウチャクソウ(宝鐸草)

寺家ふるさとの森はホウチャクソウ(宝鐸草)の宝庫。尾根に咲く固体は平地のものより胴長が多い。 2021年4月16日 横浜市青葉区 関連 寺家ふるさとの森散策 2021年4月16日 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/202104/article_5.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンラン(金蘭)

寺家ふるさとの森を散策中、キンラン(金蘭)に出会った。 予定外の収獲。 2021年4月16日 横浜市青葉区 関連 寺家ふるさとの森散策 2021年4月16日 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/202104/article_5.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫踊子草(ひめおどりこそう)

姫踊子草(ひめおどりこそう)はヨーロッパを原産地とする。よく似た仏の座(ほとけのざ)とともに生えており、突然変異で花が白くなったものを白花姫踊子草(シロバナヒメオドリコソウ)と呼ぶ。 2021年3月9日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花桃(はなもも)

スマホで写真を撮っている婦人が、「花の名前を教えてください」と話しかけてきたので教えてあげた。 「食べられますか?」と聞いたので「まだ食べたことはありません。」 花桃(はなもも)は、観賞用で改良が行われるようになったのは江戸時代に入ってから。 2021年3月9日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐水木(とさみずき)

土佐水木(とさみずき)は、葉に先立って、いくつもぶら下がった、一風変わった黄色い花を咲かせる。 主に土佐(高知県)の山地に自生するマンサク科の落葉樹。 2021年3月9日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百日紅の蘖(ひこばえ)

切り株から芽生えた百日紅(さるすべり)の蘖(孫生え、ひこばえ) 2020年12月28日 横浜市青葉区寺家町 関連 寺家散策 2020年12月28日 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/202012/article_3.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒイラギ(柊)の花

ヒイラギ(柊)は、モクセイ科モクセイ属で雌雄異株。 花はギンモクセイに似ている。写真は雄株の雄花。 2020年11月29日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺家散策 秋彼岸どきの花々

寺家ふるさと村の彼岸どきの花々 2020年9月23日 横浜市青葉区寺家町 ヌスビトハギ(盗人萩) ミゾソバ(溝蕎麦) ツユクサ(露草) ツリフネソウ(吊船草) カントウヨメナ(関東嫁菜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Near Miss 蝮草と武蔵鐙

蝮草(マムシグサ)と武蔵鐙(ムサシアブミ)が自粛を守らず大接近 寺家ふるさとの森 2020年4月28日 横浜市青葉区寺家町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Chinese milk vetch 蓮華の花

蓮華(レンゲ)の花が咲き始めた。つい、春の小川を口ずさむ。 春の小川 オリジナル(1912年に発表された文部省唱歌) 一、 春の小川はさらさら流る。 岸のすみれやれんげの花に、 匂いめでたく、色うつくしく 咲けよ咲けよと、ささやく如く。 二、 春の小川はさらさら流る。 蝦やめだかや小鮒の群に、 今日も一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

wind flower 二輪草

あなたおまえ~ふたりは二輪草~ どちらがあなたでどちらがおまえ? 寺家ふるさとの森で二輪草が群生。 春山を代表する花のひとつ。多くは1本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっている。 2020年4月6日 横浜市青葉区寺家町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kaki Persimmon 柿の実

鳥や虫たちの食料となる柿の実 2019年10月31日 横浜市青葉区寺家町 関連 Jike Walk 寺家ふるさと村散策 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201911/article_1.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

rice field 穭田

二毛作のように稲刈りをした後の株に再生した穭(ひつじ)が茂った 2019年10月31日 横浜市青葉区寺家町 関連 Jike Walk 寺家ふるさと村散策 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201911/article_1.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

flowering dogwood 花水木の実

花水木(ハナミズキ)は紅葉が始まると真っ赤な実をつける 2019年10月31日 横浜市青葉区寺家町 関連 Jike Walk 寺家ふるさと村散策 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201911/article_1.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more