テーマ:植物

寺家散策 秋彼岸どきの花々

寺家ふるさと村の彼岸どきの花々 2020年9月23日 横浜市青葉区寺家町 ヌスビトハギ(盗人萩) ミゾソバ(溝蕎麦) ツユクサ(露草) ツリフネソウ(吊船草) カントウヨメナ(関東嫁菜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Near Miss 蝮草と武蔵鐙

蝮草(マムシグサ)と武蔵鐙(ムサシアブミ)が自粛を守らず大接近 寺家ふるさとの森 2020年4月28日 横浜市青葉区寺家町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Chinese milk vetch 蓮華の花

蓮華(レンゲ)の花が咲き始めた。つい、春の小川を口ずさむ。 春の小川 オリジナル(1912年に発表された文部省唱歌) 一、 春の小川はさらさら流る。 岸のすみれやれんげの花に、 匂いめでたく、色うつくしく 咲けよ咲けよと、ささやく如く。 二、 春の小川はさらさら流る。 蝦やめだかや小鮒の群に、 今日も一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

wind flower 二輪草

あなたおまえ~ふたりは二輪草~ どちらがあなたでどちらがおまえ? 寺家ふるさとの森で二輪草が群生。 春山を代表する花のひとつ。多くは1本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっている。 2020年4月6日 横浜市青葉区寺家町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kaki Persimmon 柿の実

鳥や虫たちの食料となる柿の実 2019年10月31日 横浜市青葉区寺家町 関連 Jike Walk 寺家ふるさと村散策 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201911/article_1.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

rice field 穭田

二毛作のように稲刈りをした後の株に再生した穭(ひつじ)が茂った 2019年10月31日 横浜市青葉区寺家町 関連 Jike Walk 寺家ふるさと村散策 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201911/article_1.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

flowering dogwood 花水木の実

花水木(ハナミズキ)は紅葉が始まると真っ赤な実をつける 2019年10月31日 横浜市青葉区寺家町 関連 Jike Walk 寺家ふるさと村散策 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201911/article_1.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Black rice 黒米(クロマイ、クロゴメ)

寺家ふるさと村に植えられた黒米(クロマイ、クロゴメ)。 2019年9月30日 横浜市青葉区 関連 Jike walk 寺家ふるさと村散策(9月30日) https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201910/article_1.html 黒米@Wikipedia …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Red rice 赤米(アカゴメ、アカマイ)

普通米の脇に一畝だけ植えられた赤米(アカゴメ、アカマイ)。 寺家ふるさと村にて 2019年9月22日 横浜市青葉区 関連 Walk around Jike furusato mura  寺家ふるさと村散策 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Desmodium podocarpum ヌスビトハギ

ヌスビトハギ(盗人萩)の花と果実。和名は、果実が泥棒の足跡に似ることによる。 古来の泥棒は足音を立てないように、足裏の外側だけを地面に着けて歩いたとのことで、その時の足跡に似ているから。 2019年8月31日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Plants 寺家ふるさと村の植物

平成最後の日曜日、寺家ふるさと村散策で出会った植物 2019年4月29日 横浜市青葉区 関連 Jike Furusato Mura Walk 寺家ふるさと村散策 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201904/article_4.html …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Cayratia japonica ヤブガラシ(藪枯らし)

寺家ふるさと村ガイドツアーでヤブガラシを観察。和名の漢字は「藪辛子」ではなく「藪枯らし」。 ヤブガラシ ヤブガラシ(藪枯らし、Cayratia japonica)は、ブドウ科ヤブガラシ属の一種である。つる植物で、日本ではよく見かける雑草である。 和名は藪を覆って枯らし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Rhaphiolepis indica var. umbellata シャリンバイ(車輪梅)

寺家ふるさと村ガイドツアーでシャリンバイ(車輪梅)を観察。 シャリンバイ シャリンバイ(車輪梅、学名:Rhaphiolepis indica var. umbellata、 シノニム:R. umbellata)は、バラ科シャリンバイ属の常緑低木。日本(東北地方南部以南)、韓国、台湾までの海岸近くに分布…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Picris hieracioides L. subsp. コウゾリナ(剃刀菜・顔剃菜)

寺家ふるさと村ガイドツアーでコウゾリナ(剃刀菜・顔剃菜)を観察。 北海道〜九州の山野の草地や道端などにごくふつうに生える越年草。 コウゾリナ属 コウゾリナ属(こうぞりなぞく、学名:Picris)はキク科の属。 特徴 越年草。茎は直立して枝分か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Japanese rose ノイバラ(野茨)

寺家ふるさと村ガイドツアーでノイバラ(野茨)を観察。日本のノバラの代表的な種。 ノイバラ ノイバラ(野茨、学名:Rosa multiflora)は、バラ科の落葉性のつる性低木。日本のノバラの代表的な種。沖縄以外の日本各地の山野に多く自生する。ノバラ(野薔薇)ともいう。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Rubia argyi アカネ(茜)

寺家ふるさと村ガイドツアーでアカネ(茜)を観察。葉は茎に4枚輪生する。 アカネ アカネ(茜、Rubia argyi)はアカネ科のつる性多年生植物。分布は中国、朝鮮半島、台湾、日本。日本では本州、四国、九州に分布し、山地や野原、路傍、林の縁などでふつうによく見かけることができる[1]。和名の由来…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Sanicula chinen ウマノミツバ(馬之三葉)

寺家ふるさと村ガイドツアーでウマノミツバ(馬之三葉)を観察。 ウマノミツバ ウマノミツバ(馬之三葉、学名:Sanicula chinensis)はセリ科ウマノミツバ属の多年草。別名、ヤマミツバ。 特徴 茎は直立し、よく枝分かれし、高さは30-120cmになる。葉は根出葉、枝葉ともに3全…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more