テーマ:

アカノマンマ(犬蓼)

アカノマンマ(犬蓼)が一輪だけ開花 2021年9月23日 横浜市青葉区寺家町 関連 寺家散策 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/202109/article_16.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

溝蕎麦

今年も寺家ふるさとの森で溝蕎麦が一斉に開花 2021年9月23日 横浜市青葉区寺家町 関連 寺家散策 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/202109/article_16.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツリフネソウ(釣船草、吊舟草)

寺家ふるさと村でツリフネソウ(釣船草、吊舟草)が咲き始めた。 この秋、初めて撮影した個体の写真を眺めていて、少し違和感があったが理由がわからなかった。 一日経ち、違和感を感じた理由が解った。「吊舟草なのに吊り下がっていない! 花が上下180度、逆さに咲いている!!」 この個体は難破船か? こちらは本来のツリフネソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花

今年も秋の彼岸の頃に、寺家ふるさと村の道端や水田のあぜなどに群生し、赤と白い花を咲かせた彼岸花。 2021年9月17日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔓豆

寺家ふるさとの森の道端に咲く、愛らしい蔓豆(つるまめ) 2021年9月14日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吾亦紅

吾亦紅(われもこう)は遠慮がちに咲く花で、そのまま通り過ぎてしまいそうになるが、すぎもとまさとさんが歌った「吾亦紅」を聴いて以来、道端で吾亦紅の花を見つけると、妣(なきはは)を思い出すようになった。月日が経つのは早いもので、母が妣になって、もうすぐ二十年になる。吾亦紅を「吾も恋ふ」と書くのも良い。 2021年9月14日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノダケとスズメバチ

スズメバチ(雀蜂)がノダケ(野竹)の花にとまって食事中。 最近は、いつもリサイズした圧縮画像を掲載しているが、体毛がよく見える原画画像を掲載した。クリック表示して原画をご覧下さい。 2021年9月14日 横浜市青葉区寺家町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 藤か山藤か

藤か山藤かを同定する方法として蔓の巻き方を調べると判るため望遠レンズを持参して撮影した。蔓は上から見ると左回りで山藤と同定。 2021年4月22日 横浜市青葉区 青木繁伸さんのBotanical Garden http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/Botani…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユウゲショウ(夕化粧)

風流な和名で、由来は、夕方に開花して艶っぽい花色を持つことからとされるが、昼間に撮影した。 2021年4月21日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫踊子草(ひめおどりこそう)

姫踊子草(ひめおどりこそう)はヨーロッパを原産地とする。よく似た仏の座(ほとけのざ)とともに生えており、突然変異で花が白くなったものを白花姫踊子草(シロバナヒメオドリコソウ)と呼ぶ。 2021年3月9日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花桃(はなもも)

スマホで写真を撮っている婦人が、「花の名前を教えてください」と話しかけてきたので教えてあげた。 「食べられますか?」と聞いたので「まだ食べたことはありません。」 花桃(はなもも)は、観賞用で改良が行われるようになったのは江戸時代に入ってから。 2021年3月9日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐水木(とさみずき)

土佐水木(とさみずき)は、葉に先立って、いくつもぶら下がった、一風変わった黄色い花を咲かせる。 主に土佐(高知県)の山地に自生するマンサク科の落葉樹。 2021年3月9日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒイラギ(柊)の花

ヒイラギ(柊)は、モクセイ科モクセイ属で雌雄異株。 花はギンモクセイに似ている。写真は雄株の雄花。 2020年11月29日 横浜市青葉区
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺家散策 秋彼岸どきの花々

寺家ふるさと村の彼岸どきの花々 2020年9月23日 横浜市青葉区寺家町 ヌスビトハギ(盗人萩) ミゾソバ(溝蕎麦) ツユクサ(露草) ツリフネソウ(吊船草) カントウヨメナ(関東嫁菜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩で出会った人との会話

寺家ふるさと村を散歩の途中で出会った親子(お年寄りと介護者)との会話 (この日、二度目に会ったとき) 私 「これは臭木ですよ、これは実であれが花。葉が変な臭いがするから臭い木と書いて臭木」 子 「変な名前の植物が多いですね!」 私 「そうですね!適当につけられた名前が多いですね」 親 「おじいさんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rainy season 梅雨どきの花

寺家ふるさと村で梅雨どきに咲く花 2020年6月20日 横浜市青葉区 現地で授業 この場所だけに咲くワルナスビ(悪茄子) ネムノキ(合歓木)の花 ノウゼンカズラ(凌霄花) ヤブカンゾウ(藪萱草) ゼニアオイ(銭葵) ヒマワリ(向日葵) タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Chinese milk vetch 蓮華の花

蓮華(レンゲ)の花が咲き始めた。つい、春の小川を口ずさむ。 春の小川 オリジナル(1912年に発表された文部省唱歌) 一、 春の小川はさらさら流る。 岸のすみれやれんげの花に、 匂いめでたく、色うつくしく 咲けよ咲けよと、ささやく如く。 二、 春の小川はさらさら流る。 蝦やめだかや小鮒の群に、 今日も一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

wind flower 二輪草

あなたおまえ~ふたりは二輪草~ どちらがあなたでどちらがおまえ? 寺家ふるさとの森で二輪草が群生。 春山を代表する花のひとつ。多くは1本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっている。 2020年4月6日 横浜市青葉区寺家町
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Leibnitzia anandria センボンヤリ(千本槍)

センボンヤリ(千本槍)の秋型。 秋型の頭花は、自家受粉する閉鎖花で筒状花のみからなる。 2019年10月31日 横浜市青葉区寺家町 関連 Jike Walk 寺家ふるさと村散策 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201911/article_1.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Angelica decursiva 野竹(ノダケ)

寺家ふるさと村に咲く野竹(ノダケ)。セリ科シシウド属の多年草。 2019年9月30日 横浜市青葉区 関連 Jike walk 寺家ふるさと村散策(9月30日) https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201910/article_1.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Aster yomena 嫁菜(ヨメナ)

寺家ふるさと村に咲く嫁菜(ヨメナ) 2019年9月30日 横浜市青葉区 関連 Jike walk 寺家ふるさと村散策(9月30日) https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201910/article_1.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Touch me not  釣船草の群生

寺家ふるさとの森入口で釣船草(ツリフネソウ)が群生 2019年9月30日 横浜市青葉区 関連 Jike walk 寺家ふるさと村散策(9月30日) https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201910/article_1.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Aeginetia indica 南蛮煙管(ナンバンギセル)

薄などの根元にひっそりと咲くナンバンギセル(南蛮煙管)。 ハマウツボ科ナンバンギセル属の寄生植物。 中世の長い間ヨーロッパで使われたクレイパイプに似ている。 クレイパイプ オランダの友人ハンスさんからのギフト 寺家ふるさと村にて 2019年9月22日 横浜市青葉区 関連 Walk …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more