アマドコロの群生

葉の陰に隠れて花をつけるアマドコロ。 アマドコロの根茎部分が、ヤマノイモ科の「野老(トコロ)」に似ており、食べると甘みがあるので「甘野老(アマドコロ)」と名付けられた。 2021年4月26日 横浜市青葉区
コメント:0

続きを読むread more

赤い木の実

寺家ふるさとの森で赤い実がなる木の名前を尋ねられた。 「グミの一種だと思いますが、調べて見ます。」 と応えたが同定できない。 2021年4月22日 横浜市青葉区
コメント:0

続きを読むread more

続 藤か山藤か

藤か山藤かを同定する方法として蔓の巻き方を調べると判るため望遠レンズを持参して撮影した。蔓は上から見ると左回りで山藤と同定。 2021年4月22日 横浜市青葉区 青木繁伸さんのBotanical Garden http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/Botani…
コメント:0

続きを読むread more

白黒をつけよう!

カラスとサギの戦いが始まった。 カラス:私の陣地よ!勝手に入ってこないで!! サギ :私の勝手でしょう? カラス:白黒をつけよう! サギ :私はアオサギよ! 2021年4月21日 横浜市青葉区
コメント:0

続きを読むread more

むじな池

寺家ふるさと村には池が五つあり、そのひとつがむじな池。 寺家ふるさとの森散策を終えて、むじな池前のベンチで休んでいると、通りかかった一人に「むじなって何ですか?」と尋ねられ、「アナグマのことを呼んでいるようです。」と教えた。 文献上では『日本書紀』の推古天皇35年(627年)の条に「春2月、陸奥国に狢有り。人となりて歌う」と…
コメント:0

続きを読むread more

狸一家に再会

寺家ふるさとの森の尾根を歩いていると、私が通り過ぎたあとに狸が二匹尾根を横切った。人慣れしているようで、昨年11月に大池付近で出会った二匹と思われる。 2021年4月16日 横浜市青葉区 関連 寺家ふるさとの森散策 2021年4月16日 https://jikeshashinkairo.at.web…
コメント:0

続きを読むread more

タマノカンアオイ(多摩の寒葵)

タマノカンアオイ(多摩の寒葵)は横浜市では北部に分布が限られ、多摩丘陵の南部の青葉区・都筑区に分布し、寺家ふるさとの森は宝庫。 2021年4月16日 横浜市青葉区 関連 寺家ふるさとの森散策 2021年4月16日 https://jikeshashinkairo.at.webry.info/202104/a…
コメント:0

続きを読むread more