Leibnitzia anandria センボンヤリ(千本槍)

IMG105_5231_1200.JPG
IMG105_5233_1200.JPG

センボンヤリ(千本槍)の秋型。
秋型の頭花は、自家受粉する閉鎖花で筒状花のみからなる。

2019年10月31日
横浜市青葉区寺家町

関連

Jike Walk 寺家ふるさと村散策
https://jikeshashinkairo.at.webry.info/201911/article_1.html



センボンヤリ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

センボンヤリ(千本槍、学名:Leibnitzia anandria )は、キク科センボンヤリ属の多年草。頭花は春型と秋型の2型ある。別名、ムラサキタンポポ。

特徴
根出葉がロゼット状に発達し、葉の形は倒卵状長楕円形で頭大羽裂状に中裂する。葉の裏はくも毛が密生する。

春型の花茎は高さ10cmくらいになり、4-6月頃、径1.5cmの頭花をつける。春型の頭花には、縁1列に舌状花がつき、中央には筒状花がつく。筒状花はめしべとおしべを備える両性花で、舌状花はめしべだけが機能する雌花である。花の色は白から赤紫で、ムラサキタンポポの別名はこの春花に由来する。

秋型の花茎は高さ30-60cmになって林立し、小さいながら千本槍の様相を見せる。花茎には線形の小葉が多数つく。秋型の頭花は、自家受粉する閉鎖花で筒状花のみからなる。総苞は筒状で長さ15mm程度。果実は痩果となり長さ6mm、冠毛は褐色になり、長さは11mmになる。春と秋では、秋の花のほうが花の数、種子の数ともに多い。

多年草のセンボンヤリは、毎年地上の茎と葉を枯らし、地下茎と根で越冬するが、根の部分を毎年新しく更新する。具体的には、春に古い根の上、葉の下から新しい根を伸ばし、夏から秋まで上下に重なる新旧の根が働く。冬になって茎と葉が枯れるときに古い根は枯れ、春に生えた根が冬越しする。新しい根は、地面に根を張ってから収縮することで土の中におさまる。

分布と生育環境
日本では、北海道、本州、四国、九州に、日本国外では、南千島、サハリン、シベリア、朝鮮半島、中国大陸に分布する。松林や雑木林といった明るい林の陽光が差し込む場所に生える。山地や丘陵などに自生する。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント